今日の症例

左下臼歯部再生療法 2017年10月20日

神戸市須磨区・垂水区エリアで歯周病治療に取り組む歯医者

神戸歯周病歯科クリニックです。

患者様は40代男性。

歯茎が下がり歯並びが悪くなってきたとの主訴で来院されました。

レントゲン検査、歯周組織検査を行ってみると骨の破壊が進んでおり

歯周ポケットが10mmを超える場所が複数あり親知らずは自然脱落したとのことでした。

骨の吸収度合いから細菌性の歯周炎がかなり濃厚に疑われたため

歯周病細菌検査を行ったところ慢性の歯周病細菌が多数検出されたので

抗菌療法を行わせていただきました。

治療の結果は

P.g.菌:1.1%→検出されず

T.d.菌:1.9%0.00037%

T.f.菌:1.9%0.0072%

P.i.菌:4.1%0.000078%

REDcomplex:4.9%0.0076%

と全てにおいて改善が見られたため

再生療法の治療を開始することとなりました。

今回は左下臼歯部の深い骨欠損に対する処置です。

レントゲンでも左下の親知らず周囲の骨がなくなり

完全に浮いている状態で小臼歯、大臼歯間に骨吸収があり

CT像では立体的な骨の欠損が確認できます。

親知らず抜歯後、実際に歯茎を切って開いて見ると

CT画像の通り骨の吸収が存在していました。

不良肉芽を掻爬し、ルートプレーニング、エッチング処理を行い

エムドゲインゲルを塗布、縫合、PAKにて手術を終了しました。

 

神戸で歯周病に真剣に取り組む歯科医院 神戸歯周病歯科クリニック

ホームページ:http://www.shirasawa-dental.com

住所:神戸市須磨区鷹取町3-2-10

TEL:078−733−6480

最寄り駅:JR神戸線「鷹取駅」から徒歩7分

2017年10月20日 | カテゴリ:

左上第二大臼歯部再生療法 2017年9月13日 

神戸市須磨区・垂水区エリアで歯周病治療に取り組む歯医者

神戸歯周病歯科クリニックです。

患者様は50代女性。

左上の一番奥の歯が揺れて痛むとの主訴で来院されました。

レントゲン検査、歯周組織検査の結果

左上第二大臼歯部に8mmの歯周ポケットがあり

周囲の骨も吸収しています。

他にも6mm以上の歯周ポケットが複数存在したため

念のために歯周病細菌検査を行わせていただきました。

慢性の歯周病細菌が多数検出されたため抗菌薬を用いた

歯周内科治療にてほぼ全てが0になり

外科療法準備のために採血を行わせていただきましたが

Hba1c6,8、血糖値が133mg/dlと高値を示しました。

内科主治医の指示により術前の抗生剤の投薬で処置可能との返事をいただきましたが

診療室内で血圧を計測してみると161/94という手術ができるような状態にありません。

平常は収縮期血圧は120までとのことでしたが

ご来院の度計測してみるとやはりかなり高めの数字に変わりはありませんでした。

内科主治医に一時的な降圧剤を処方していただき本日、無事に手術の運びとなりました。

実際に歯茎を切って開いてみると左上第二大臼歯部の

ほぼ全周に垂直性の骨欠損があり不良肉芽で満たされていました。

掻爬、ルートプレーニング後酸処理を行いエムドゲインゲルを塗布

縫合、PAKにて手術を終了しました。

 

 

神戸で歯周病に真剣に取り組む歯科医院 神戸歯周病歯科クリニック

ホームページ:http://www.shirasawa-dental.com

住所:神戸市須磨区鷹取町3-2-10

TEL:078−733−6480

最寄り駅:JR神戸線「鷹取駅」から徒歩7分

2017年09月13日 | カテゴリ:

右上臼歯部再生療法 2017年9月8日

神戸市須磨区・垂水区エリアで歯周病治療に取り組む歯医者

神戸歯周病歯科クリニックです。

患者様は40代女性。

上の左右奥の歯茎の腫れと痛みを繰り返しており

かかりつけ医にかかっているが歯石除去が主な治療でそれ以外の治療はなく

症状が改善しないとのことで当院を受診されました。

歯周組織検査で右上第二大臼歯部に9mmの歯周ポケットがあり

レントゲン写真では分岐部に大きな骨吸収像が確認できました。

念のために歯周病細菌検査を行なわせていただいたところ

慢性の歯周病細菌が検出されたため抗菌剤を用いた歯周内科療法を

行なわせていただき下記のように改善しました。

T.d.菌:1.3%→0.00087

T.f.菌:0.53%→0.0026

P.i.菌:0.16%→0%

Red complex:1.8%→0.0035

血液検査の結果、異常値が無いことから

本日、右上臼歯の再生療法を行なわせていただきました。

Tのレンダリング画像とでは右上第一大臼歯頬側根の周囲の骨吸収が確認できますが

実際に歯茎を開いてみると同部に大きな骨吸収があり不良肉芽で満たされていました。

 

掻爬、ルートプレーニング後

酸処理を行いエムドゲインゲルを塗布

縫合、PAKにて手術を終了しました。

 

 

神戸で歯周病に真剣に取り組む歯科医院 神戸歯周病歯科クリニック

ホームページ:http://www.shirasawa-dental.com

住所:神戸市須磨区鷹取町3-2-10

TEL:078−733−6480

最寄り駅:JR神戸線「鷹取駅」から徒歩7

2017年09月8日 | カテゴリ:

右下臼歯部再生療法の再評価 2017年9月5日

神戸市須磨区・垂水区エリアで歯周病治療に取り組む歯医者

神戸歯周病歯科クリニックです。

平成27年9月初診の40代女性の患者様です。

歯がグラグラするとの主訴で来院されました。

右下臼歯部に6〜7mm程度の歯周ポケットがあり

レントゲンでも垂直性の骨吸収が認められました。

細菌による炎症が疑われたため歯周病細菌検査を

行わせていただいたところ

P.g.菌:0.15%

A.a.菌:0.088%

T.d.菌:0.46%

T.f.菌:0.74%

P.i.菌:3.4%

Redcomplex:1.4%

という結果が得られました。

抗菌薬を用いた内科療法にてほぼ全ての項目が

%になったことから引き続き再生療法の手術を

行わせていただきました。

         術前

         術後

手術前のレントゲン写真では臼歯近遠心部の骨が溶けていますが

術後1年で骨が平坦化し、白くなってきているのが確認していただけます。

歯周ポケットの値は2〜3mmに改善したため

固定をはずしメインテナンスに移行しました。

 

神戸で歯周病に真剣に取り組む歯科医院 神戸歯周病歯科クリニック

ホームページ:http://www.shirasawa-dental.com

住所:神戸市須磨区鷹取町3-2-10

TEL:078−733−6480

最寄り駅:JR神戸線「鷹取駅」から徒歩7分

2017年09月5日 | カテゴリ:

右下大臼歯部インプラント治療 2017年8月22日

神戸市須磨区・垂水区エリアで歯周病治療に取り組む歯医者

神戸歯周病歯科クリニックです。

患者様は30代男性。

右下大臼歯部を虫歯で抜歯され部分義歯をお使いでしたが

年齢とQOLからインプラント治療をご提案させていただきました。

CT撮影にて骨の量、神経までの距離など問題となるものはなく

安全に2本のインプラントを埋入することができると判断いたしました。

インプラント周囲炎のリスクを考え前もって歯周病最近検査を

行わせていただきましたが結果は陰性。

血液検査でのデータにも異常は認められなかったため

予定通りインプラント埋入手術を行うこととなりました。

手術後のインプラントのレントゲン像です。

術後2ヶ月で2次オペを行い歯肉の安定を待ち補綴処置にかかります。

型取りの後、数回のチェックを経て本日最終となる

ジルコニアクラウンの装着となりました。

 

神戸で歯周病に真剣に取り組む歯科医院 神戸歯周病歯科クリニック

ホームページ:http://www.shirasawa-dental.com

住所:神戸市須磨区鷹取町3-2-10

TEL:078−733−6480

最寄り駅:JR神戸線「鷹取駅」から徒歩7分

2017年08月22日 | カテゴリ:
1 / 5012345...102030...最後 »

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 神戸歯周病歯科クリニックBLOG
  • 今日の症例
  • 患者様の声
  • 求人情報
  • かねだ矯正歯科
PAGE TOP