今日の症例

左上第二大臼歯部再生療法 2017年9月13日 

神戸市須磨区・垂水区エリアで歯周病治療に取り組む歯医者

神戸歯周病歯科クリニックです。

患者様は50代女性。

左上の一番奥の歯が揺れて痛むとの主訴で来院されました。

レントゲン検査、歯周組織検査の結果

左上第二大臼歯部に8mmの歯周ポケットがあり

周囲の骨も吸収しています。

他にも6mm以上の歯周ポケットが複数存在したため

念のために歯周病細菌検査を行わせていただきました。

慢性の歯周病細菌が多数検出されたため抗菌薬を用いた

歯周内科治療にてほぼ全てが0になり

外科療法準備のために採血を行わせていただきましたが

Hba1c6,8、血糖値が133mg/dlと高値を示しました。

内科主治医の指示により術前の抗生剤の投薬で処置可能との返事をいただきましたが

診療室内で血圧を計測してみると161/94という手術ができるような状態にありません。

平常は収縮期血圧は120までとのことでしたが

ご来院の度計測してみるとやはりかなり高めの数字に変わりはありませんでした。

内科主治医に一時的な降圧剤を処方していただき本日、無事に手術の運びとなりました。

実際に歯茎を切って開いてみると左上第二大臼歯部の

ほぼ全周に垂直性の骨欠損があり不良肉芽で満たされていました。

掻爬、ルートプレーニング後酸処理を行いエムドゲインゲルを塗布

縫合、PAKにて手術を終了しました。

 

 

神戸で歯周病に真剣に取り組む歯科医院 神戸歯周病歯科クリニック

ホームページ:http://www.shirasawa-dental.com

住所:神戸市須磨区鷹取町3-2-10

TEL:078−733−6480

最寄り駅:JR神戸線「鷹取駅」から徒歩7分

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 神戸歯周病歯科クリニックBLOG
  • 今日の症例
  • 患者様の声
  • 求人情報
  • かねだ矯正歯科
PAGE TOP