今日の症例

アーカイブ:2016年 7月

左上臼歯部再生療法  2016年7月27日

神戸市須磨区で歯周病治療に取り組む神戸歯周病歯科クリニックです。

患者様は40代女性。

左上の奥の歯の動揺と歯茎からの出血を主訴に来院されました。

2017.07.27

レントゲン撮影を行なってみると臼歯部に垂直性の骨吸収が認められ

ポケット値も最大9mmを計測しました。

噛み合わせに異常は認められず、細菌性の歯周炎が疑われました。

歯周病細菌検査を行なったところ、P.g.1.5%、T.d.2.6%、T.f.3.3%、

P.i.0,37%が検出され、Red complex7.4%と高値を示しました。

抗菌薬の服用後、2回目の歯周病細菌検査を行なわせていただき

全ての項目について“検出されず”との結果が得られたため

歯周内科治療に引き続き、歯周組織再生療法を行なわせていただきました。

2016.07.27

術前にワイヤーと接着剤にて固定後歯肉を切開、剥離、不良肉芽を除去すると

隣接部と最後方の歯根部に骨吸収部を確認しました。

ルートプレーニング、エッチング処理後、エムドゲインゲルを塗布し

縫合、パックにて手術を終了しました。

 

神戸で歯周病に真剣に取り組む歯科医院 神戸歯周病歯科クリニック

ホームページ:http://www.shirasawa-dental.com

住所:神戸市須磨区鷹取町3-2-10

TEL:078−733−6480

最寄り駅:JR神戸線「鷹取駅」から徒歩7分

2016年07月27日 | カテゴリ:

右下第一大臼歯再生療法の再評価 2016年7月16日

神戸市須磨区で歯周病治療に取り組む神戸歯周病歯科クリニックです。

患者様は30代男性。

平成26年2月、右下奥歯の歯茎に何度か腫れと痛みを繰り返したため

かかりつけ医を受診したところ根の周りに骨がなく

抜歯が必要といわれたとのことで当院を受診されました。

長谷様1

当院での初診時レントゲンでも右下第一大臼歯の前側の根の周囲の骨が

溶けていることを確認、歯周ポケットも10mm以上あり

非常に難しい状況にありました。

歯周病細菌検査では

P.g.菌が13%、P.i.菌が6.4%、Redcomplex13%とかなり高値を示しました。

抗菌薬を用いた内科治療を行なわせていただいた結果、P.g.0.00024%、

P.i.菌検出されず、Redcomplex0.0056%に改善、炎症も消退したことから

歯周組織再生療法を施行。術後の状態も良好で暫く定期検診で経過を観察しておりましたが

長谷様2

術後1年を過ぎたため評価のためレントゲンの撮影で第一大臼歯近心根の周囲を確認したところ

骨の回復を確認、固定の除去と噛み合わせの調整を行わせていただきました。

今後も経過を観察し、いい状態を継続していただきたいと思っております。

 

 

神戸で歯周病に真剣に取り組む歯科医院 神戸歯周病歯科クリニック

ホームページ:http://www.shirasawa-dental.com

住所:神戸市須磨区鷹取町3-2-10

TEL:078−733−6480

最寄り駅:JR神戸線「鷹取駅」から徒歩7分

2016年07月16日 | カテゴリ:

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 神戸歯周病歯科クリニックBLOG
  • 今日の症例
  • 患者様の声
  • 求人情報
  • かねだ矯正歯科
PAGE TOP