今日の症例

アーカイブ:2016年 9月

左下臼歯部再生療法  2016年9月13日

神戸市須磨区で歯周病治療に取り組む神戸歯周病歯科クリニックです。

 患者様は50代女性。

奥の歯が動揺するとの主訴で来院されました。

higashida1 higashida2

レントゲン像からも骨の吸収が認められますが

咬合に異常はなく、歯周病細菌による炎症が疑われたため

歯周病細菌検査を行なわせていただいたところ

結果は陽性。抗菌剤による歯周内科療法を行い

P.g. : 4.6% → 0.042

T.d. : 1.6% → 0.016

T.f.  :  1.2% → 0.17

P.i.  : 1.3% → 0.00036

Red complex : 7.4% → 0.23

と全ての項目に関して改善が見られました。

本日、同部の再生療法を行なわせていただきましたが

歯肉を開いてみるとレントゲンの画像通り

higasida1 higasida2

第二小臼歯と第二大臼歯部に大きな骨吸収部があり

不良肉芽が充満しておりました。

肉芽の掻爬、ルートプレーニング後エッチング処理を行い

エムドゲインゲルを塗布し、縫合、PAKにて手術を終了しました。

 

神戸で歯周病に真剣に取り組む歯科医院 神戸歯周病歯科クリニック

ホームページ:http://www.shirasawa-dental.com

住所:神戸市須磨区鷹取町3-2-10

TEL:078−733−6480

最寄り駅:JR神戸線「鷹取駅」から徒歩7分

2016年09月13日 | カテゴリ:

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 神戸歯周病歯科クリニックBLOG
  • 今日の症例
  • 患者様の声
  • 求人情報
  • かねだ矯正歯科
PAGE TOP