今日の症例

アーカイブ:2010年 10月

左上大臼歯部のメタルボンドクラウン 2010年10月27日

神戸市須磨区で歯周病治療に取り組む白澤歯科医院です。

患者様は20代男性。

金属の被せ物が気になると来院されました。

被せ物の適合にも問題があり、セラミックでの

治療をご提案させていただきました。

本日、セラミックの被せ物を装着させていただきました。

神戸で歯周病治療に真剣に取り組む歯科医院 白澤歯科医院
ホームページ:http://www.shirasawa-dental.com/
住所:神戸市須磨区鷹取町3-2-10
TEL:078-733-6480
最寄り駅:JR神戸線「鷹取駅」から徒歩7分

2010年10月27日 | カテゴリ:

右下臼歯部の再生療法 2010年10月23日

神戸市須磨区で歯周病治療に取り組む白澤歯科医院です。

患者様は40代女性。

右下奥歯の動揺と違和感を主訴に来院されました。

レントゲンを撮影してみると一番奥の歯の周りには骨がなく

その手前の歯の周囲の骨もかなり解けてなくなっているのが

お分かりいただけると思います。

一番奥の歯は残念ながら抜歯させていただきましたが

その手前の歯はできるだけ保存したいとの御希望から

再生療法をお勧めさせていただきました。

揺れている歯をワイヤーにて固定

麻酔後歯茎をめくったところです。
推測通り真ん中の歯の周りには骨がなく空洞になっていました。

悪くなってしまった組織を取り除いた後、

組織を再生させるための薬剤を塗布し

歯茎を縫って手術を終了しました。

神戸で歯周病治療に真剣に取り組む歯科医院 白澤歯科医院
ホームページ:http://www.shirasawa-dental.com/
住所:神戸市須磨区鷹取町3-2-10
TEL:078-733-6480
最寄り駅:JR神戸線「鷹取駅」から徒歩7分

2010年10月23日 | カテゴリ:

左上犬歯のインプラント治療 2010年10月19日

神戸市須磨区で歯周病治療に取り組む白澤歯科医院です。

今日の患者様は30代女性の方。

左上犬歯に動揺があり違和感があるとのことで来院されました。

レントゲンにて確認したところ、歯根破折(歯の根が折れてしまうこと)が

疑われたため麻酔を行い、歯茎をめくって確認させていただきました。

写真からもわかるように歯が割れていることで唇側の骨が

解けてしまっています。

このような状況では歯の保存は難しく、

患者様は抜歯後インプラントによる修復を希望されましたが

骨が解けてしまっていることによりインプラント治療が

困難なものになってしまっていました。

そこで割れてしまった歯を引っ張り出し

意図的に骨を造っていくことにしました。

挺出(引っ張る)前と後のレントゲン像です。

写真は挺出後、歯茎をめくって骨の位置を確認したものですが

付け根のところの骨が増えていることがわかります。

目的の位置まで骨ができていたため割れた歯は抜歯し治癒を待ちました。

その後CTの撮影、術前シミュレーションを行い

本日インプラント埋入の手術を行いました。

神戸で歯周病治療に真剣に取り組む歯科医院 白澤歯科医院
ホームページ:http://www.shirasawa-dental.com/
住所:神戸市須磨区鷹取町3-2-10
TEL:078-733-6480
最寄り駅:JR神戸線「鷹取駅」から徒歩7分

2010年10月19日 | カテゴリ:

左上第二大臼歯のオールセラミックスクラウン 2010年10月12日

神戸市須磨区で歯周病治療に取り組む白澤歯科医院です。

今日の患者様は50代男性の方です。

左上第二大臼歯(向かって右端の歯)の根の先に問題があり根の治療を行いました。

治療後、被せ物のお話をさせていただいたところ、金属を一切使いたくないとの

ご希望でしたので現在残っている金属をすべて取り除き

グラスファイバーというガラスの繊維で補強後、

オールセラミックスでの治療をお勧めさせていただきました。

こちらの写真は実際に入れさせていただいたオールセラミッククラウンです。

こちらが装着後の写真です。

どの歯が被せてあるものかお分かりになるでしょうか?

神戸で歯周病治療に真剣に取り組む歯科医院 白澤歯科医院
ホームページ:http://www.shirasawa-dental.com/
住所:神戸市須磨区鷹取町3-2-10
TEL:078-733-6480
最寄り駅:JR神戸線「鷹取駅」から徒歩7分

2010年10月12日 | カテゴリ:

右上臼歯部の切除療法 2010年10月9日

神戸市須磨区で歯周病治療に取り組む白澤歯科医院です。

本日の患者様は50代女性。お口の中全体の歯周病の治療を行っています。

本日は右上臼歯部の歯周外科処置を行わせていただきました。

初診時のレントゲン像で犬歯の後ろ側、第二小臼歯、第一大臼歯の

周囲に骨吸収像が認められ、歯周病が進行していることがわかります。

こちらは術中の写真です。歯茎の厚みを調整し、骨がなくなっている場所の

形を整え、縫合して手術を終了しました。

今回のケースでは骨は溶けているものの、歯には動揺(ぐらつき)が認められないため

しっかりとした管理を行えば経過は良好であると考えられます。

神戸で歯周病治療に真剣に取り組む歯科医院 白澤歯科医院
ホームページ:http://www.shirasawa-dental.com/
住所:神戸市須磨区鷹取町3-2-10
TEL:078-733-6480
最寄り駅:JR神戸線「鷹取駅」から徒歩7分

2010年10月9日 | カテゴリ:
1 / 212

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 神戸歯周病歯科クリニックBLOG
  • 今日の症例
  • 患者様の声
  • 求人情報
  • かねだ矯正歯科
PAGE TOP