今日の症例

右下大臼歯部インプラント治療 2017年8月22日

神戸市須磨区・垂水区エリアで歯周病治療に取り組む歯医者

神戸歯周病歯科クリニックです。

患者様は30代男性。

右下大臼歯部を虫歯で抜歯され部分義歯をお使いでしたが

年齢とQOLからインプラント治療をご提案させていただきました。

CT撮影にて骨の量、神経までの距離など問題となるものはなく

安全に2本のインプラントを埋入することができると判断いたしました。

インプラント周囲炎のリスクを考え前もって歯周病最近検査を

行わせていただきましたが結果は陰性。

血液検査でのデータにも異常は認められなかったため

予定通りインプラント埋入手術を行うこととなりました。

手術後のインプラントのレントゲン像です。

術後2ヶ月で2次オペを行い歯肉の安定を待ち補綴処置にかかります。

型取りの後、数回のチェックを経て本日最終となる

ジルコニアクラウンの装着となりました。

 

神戸で歯周病に真剣に取り組む歯科医院 神戸歯周病歯科クリニック

ホームページ:http://www.shirasawa-dental.com

住所:神戸市須磨区鷹取町3-2-10

TEL:078−733−6480

最寄り駅:JR神戸線「鷹取駅」から徒歩7分

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 神戸歯周病歯科クリニックBLOG
  • 今日の症例
  • 患者様の声
  • 求人情報
  • かねだ矯正歯科
PAGE TOP